おすすめの電動鼻水吸引器の選び方

赤ちゃんが風邪をひいて鼻水が止まらなくて困るという経験はないでしょうか。赤ちゃんはまだ自分で鼻をかむことができないため、鼻水がたまると呼吸がしにくく眠りにつけなかったり、ミルクが飲めない、機嫌が悪くなるといったことが起きてしまいます。赤ちゃんの鼻水を吸い出す方法は、直接ママが赤ちゃんの鼻に口を付けて吸う方法がありますが、ママにも風邪のウイルスが侵入する危険もあり、力の加減も難しく、何より衛生的に気持ちのいいものではありません。そんなとき便利なのが鼻水吸引機。ママが口を使って吸い出すものもありますが、より簡単で衛生的なのが電動鼻水吸引器です。赤ちゃんの専門店や健康グッズ、医療グッズなどを取り扱う店舗で購入が可能です。種類とおすすめの選び方についてみていきましょう。

コンパクトタイプでいつでもどこでも安心

電動鼻水吸引器の種類で主流になっているのがコンパクトタイプです。片手に収まる大きさで、持ち運びに便利なので、自宅以外でも帰省中や旅行などに携帯できるのがポイントです。吸引の音も小さめなので、赤ちゃんを怖がらせないで使用することが可能です。吸引力はややマイルドになっていますが、こまめに使用するには十分なパワーがあります。価格も5千円程度が主流になっています。選び方のポイントとしては、洗浄が簡単なこと、軽いこと、静音設計であること、などがあります。特に洗浄は衛生面を確保するためにも重要です。煮沸消毒ができたり、複雑なパーツや形状でないことなどをチェックしておきましょう。片手でサッと使用でき、暴れる子供でも簡単に大量の鼻水が吸引できます。幼稚園に通い始めて風邪をひきやすくなる時期にも大活躍します。

据え置きタイプは家族みんなで使えます

赤ちゃんの風邪に使うもの、という印象が強い電動鼻水吸引器ですが、実は家族みんなで使うことができます。例えば、花粉症の時期に流れる鼻水を毎回ティッシュで拭っていると鼻の下がヒリヒリ。そんな時に電動鼻水吸引器があれば瞬時にすっきりします。据え置きタイプはパワフルな吸引力で、水っぽい鼻水から粘着質なものまですっきりきれいに吸引します。医療機関や介護施設でも使われているものと同じ機能を自宅に備えることが可能です。すぐにすっきりさせてあげたい、頻繁に風邪をひく、鼻炎もちである、といった家族がいる場合は断然据え置きタイプがおすすめです。価格は1万円台からあり、家庭用に洗浄がしやすく、取り扱いが簡単になるように工夫されています。ノズルの交換が簡単なものやスペアが揃っているものなら家族で使っても安心です。