電動鼻水吸引器の購入方法を解説します

鼻水吸引器というと、口で吸い込む手動タイプをイメージする人も多いかもしれませんが、手動以外も電動タイプもあり、自宅にいながら耳鼻科で受けるような吸引を行うことができます。赤ちゃんや小さい子供は、自分で鼻をかむことができませんから、そのまま放置してしまうと息苦しくなったりのどの方に鼻水が流れ込んで、せき込んでしまう場合もあります。また、ウイルスや菌が耳や鼻の奥に入り込むと、中耳炎や副鼻腔炎を引き起こす原因となってしまいますから、できるだけ早く鼻水を取り除いてあげることが、症状を早く改善させるには大切です。手動タイプの鼻水吸引器は、粘り気のある鼻水をとることが難しいため、これから購入を検討している場合には、電動鼻水吸引器をおすすめします。

電動鼻水吸引器を使用するメリット

手動の鼻水吸引器は、薬局やドラッグストア、スーパーなどで手軽に購入することができますが、電動鼻水吸引器の場合は、大きめのドラッグストアなどでしか実物はおいていないことが多く、取り寄せてもらうケースがほとんどです。また、通販などでは多くの種類が販売されていますから、自分にあったタイプを購入することができます。電動タイプのメリットは、なんといっても吸引力の高さにあり、手動タイプに比べると一定の圧力で吸い取ることができますから、粘り気のある黄色や緑色の鼻水も簡単に吸い取ることができます。ただ、電動といってもいろいろな種類があり、圧力を調整できないものや掃除が面倒なタイプもありますから、購入する際には、きちんと確認しておくことが大切です。失敗しないためにも、事前に口コミなどをチェックしましょう。

鼻水吸引器を使用するメリットとは

鼻水吸引器は、風邪の悪化を防いだり、耳鼻科に通う頻度を減らすことができますから、小さな子供がいる家庭には、一台あると便利です。子供が使うものだというイメージがあるかもしれませんが、花粉症や副鼻腔炎で毎年耳鼻科に通って吸引をしてもらっている大人の人も少なくありませんから、世代を問わず使用できる機械です。ただ、電動鼻水吸引器は、15000~40000程度と金額には大きな差があります。なかなか40000円の吸引器を飼うのには抵抗があるという人も多く、なるべく安いものを購入する人もいますが、選ぶ時のポイントとして、吸引力が高く圧力の調節ができるもの、掃除が簡単というところをポイントにして選ぶと失敗はありません。吸引力が弱いと、粘度のある鼻水がとれず結局耳鼻科に通う必要がありますから、注意しましょう。